洋画好きにオススメの動画配信サービスを比較!

ランキング

「映画を見るなら洋画!」という方は多いですよね!

映画館の大きなスクリーンで迫力のある音響で観賞するのもいいですが、お家でリラックスして見たい人も多いはず。

動画配信サービスなら、わざわざ借りに行く手間もレンタルしたい作品がなかったということもなく、見たい作品を好きなだけ楽しむことができます。

ですが、沢山あるサービスの中から選ぶのはちょっと大変です。

そこで、
「洋画好きにオススメの動画配信サービス」はどこがいいのか、比較と合わせて紹介していきます!

ぜひ、選ぶ際の参考にしてみてください!

洋画が見られる動画配信サービス比較

洋画が見られる動画配信サービスを比較してみました。

※2019年7月時点のものです。
最新情報は公式サイトで確認をお願い致します。

動画配信サービス 見放題の洋画本数 字幕・吹替の
切り替え
月額料金
U-NEXT 4,068本 1,990円(税抜)
dTV 約830本 500円(税抜)
Amazonプライム・ビデオ ※1,000本以上 × 月額500円(税込)
年額4,900円(税込)
Hulu 495本 × 933円(税抜)
FODプレミアム 約340本 × 888円(税抜)
ビデオパス ※495本 × 562円(税抜)
Netflix 非公開 800円~1,800円(税抜)

※Amazonプライム・ビデオとビデオパスは、字幕版で1本、吹替版で1本となるので、作品自体は上記の本数より少なくなります。


見放題対象の洋画はU-NEXT が4,000本以上と圧倒的です!
また、Netflixの作品数は非公開ですが、目視で確認した限りでは2,000本以上ありました。

配信されている洋画の本数だけで選ぶのであればU-NEXT、Netflixがオススメです。


洋画や海外ドラマは字幕版または吹替版があり(作品による)、表の「字幕・吹替切り替え」は「視聴中に切り替えができるかどうか」です。

U-NEXT、dTV、Netflixは視聴中に字幕・吹替の切り替えができますが、
Amazonプライム・ビデオ、Hulu、FODプレミアム、ビデオパスは視聴前に字幕か吹替えか選んで視聴する形になります。

これらも加味して選ぶと良いかと思います。


では、各動画配信サービスはどんな特徴があるのか、それぞれ紹介していきます!

洋画が見られる動画配信サービスランキング

洋画が見られる動画配信サービスを各サービスの特徴もふまえ、オススメ順に紹介していきます。

選ぶ際の参考にしてみてください!

1位 U-NEXT

U-NEXT

月額料金 1,990円(税抜)
洋画の本数 見放題4,068本 
※2019年7月時点
字幕・吹替 視聴中に切り替えできる
同時視聴
ダウンロード
無料体験 31日間

公式サイトU-NEXT

 

U-NEXT は月額1,990円(税抜)で利用できる、定額制+都度課金型の動画配信サービスです。

U-NEXTで配信されている見放題の洋画はなんと4,068本!
他社の追随を許さない圧倒的な本数です。

人気の作品からマイナーな作品まで幅広いので飽きることはありません!

視聴中に字幕・吹替の切り替えができるのも便利!

またU-NEXTは最新作が早いというメリットがあります。
最新作は基本的には有料なのですが、毎月付与される1200ポイントで1~2作品は見ることができます。

 

【U-NEXTのメリット】
  • 洋画の配信が多い!
  • 最新作が早い!
  • 視聴中に字幕・吹替の切り替えが可能!
  • 毎月付与される1200ポイントでレンタル可能!
【U-NEXTのデメリット】
  • 月額料金が高い
  • 他社で見放題の作品が有料の場合がある

U-NEXTは31日間の無料おためし期間があり、無料体験でも600ポイント付与されます!
洋画以外のジャンルも豊富なので、まずは無料でおためししてみることをオススメします!


\U-NEXTで洋画を見る!/
無料トライアル実施中!U-NEXT
31日間無料でおためし!

 

2位 Hulu


月額料金 933円(税抜)
洋画の本数 約495本
※2019年7月時点
字幕・吹替 視聴前に選択
同時視聴 ×
ダウンロード
無料体験 2週間

公式サイトHulu

Hulu は完全定額制なので、月額933円(税抜)で全ての動画を見放題で楽しむことができます。

洋画の数は他社と比較すると多くはないのですが、定番から人気の作品まで見放題なのはポイントが高いです。

また、他社では有料(レンタル)でも見放題で視聴できる作品も!

字幕・吹替は視聴前に選択する形ですが、作品ページから選択できるので、わざわざ字幕版、吹替版を別で探す必要もありません。

Huluは完全定額制なので、有料の作品を間違えてレンタルしてしまった、ということもないので安心して楽しむことができます!

 

【Huluのメリット】
  • 人気作品・有名作品が多い
  • 月額933円(税抜)で見放題!
  • 対応デバイス・支払い方法が豊富!
【Huluのデメリット】
  • 他社よりは洋画の配信は少ない
  • 最新作の配信は遅め

Huluには2週間の無料体験があります。
他社よりも無料期間が短いですが、どのような作品が配信されているのかチェックしたり、使い勝手を知るには十分な期間です。

Huluは配信されている作品が良いものが多いのでぜひ一度ためしてみてほしいです!


\Huluで洋画を見る!/
Huluを2週間無料でおためし!

 

3位 Amazonプライム・ビデオ

  プライム会員 Prime Student
月額料金 月額500円(税込)
年額4,900円(税込)
月額250円(税込)
年額2,450円(税込)
洋画の本数 見放題1,000本以上 ※2019年7月時点
字幕・吹替 視聴前に選択
同時視聴
ダウンロード
無料体験 30日間

公式サイトAmazonプライム・ビデオ

Amazonプライム・ビデオはプライム会員の特典のひとつで、月額500円(税込)または年額4,900円(税込)で利用できる定額制+都度課金型の動画配信サービスです。

洋画の見放題の本数は字幕版で1本、吹替え版で1本となるので、実際は上記の本数よりは少なくなります。

字幕版で見たい場合は字幕版を、吹替え版で見たい場合は吹替え版を選んで見る形になります。

月額500円と料金は安いですが、有名な作品はおさえているので、料金を抑えつつ洋画を楽しみたいならAmazonプライム・ビデオがオススメです!

 

【Amazonプライム・ビデオのメリット】
  • 料金が安い!
  • 吹替版の作品も多い!
  • 他のプライム特典も利用できる!
【Amazonプライム・ビデオのデメリット】
  • 視聴中に字幕・吹替の切り替えができない
  • 新作は有料

Amazonプライム・ビデオには30日間の無料トライアルがあります。
月額500円でプライム・ビデオだけでなく他のプライム特典も利用できるので、お得感のあるサービスです!


\Amazonプライム・ビデオで洋画を見る!/
Amazonプライム・ビデオ【30日間無料トライアル】

 

4位 Netflix

  ベーシック スタンダート プレミアム
月額料金 800円(税抜) 1,200円(税抜) 1,800円(税抜)
洋画の本数 非公開
字幕・吹替 視聴中に切り替えできる
同時視聴 1台 2台 4台
ダウンロード
無料体験 30日間

公式サイトNetflix

Netflixは完全定額制の動画配信サービスで、料金プランは以下の3つになります。

ベーシックプラン:800円(税抜)
スタンダードプラン:1,200円(税抜)
プレミアムプラン:1,800円(税抜)

各プランの違いは同時視聴できる数と画質で、視聴できる作品は同じです。

Netflixの動画本数は非公開ですが、調べてみたところ2,000本以上はあるようでした。

人気作も多いですが、少しクセがある作品も多いので、好みによってはイマイチに感じてしまうかもしれません。

吹替えに対応している作品も多く、視聴中に字幕・吹替の切り替えも可能です。
また、多言語に対応しているので語学の勉強にも!

 

【Netflixのメリット】
  • 洋画の本数が多い!
  • 多言語に対応!
  • 料金プランが選べる!
【Netflixのデメリット】
  • 少しクセのある作品が多い

Netflixは30日間の無料体験があります。
Netflixのオリジナル作品が見たい方や新規開拓したい方は一度ためしてみてはいかがでしょうか!

\Netflixで洋画を見る!/
Netflixを30日間無料でおためし!

5位 dTV

月額料金 500円(税抜)
洋画の本数 見放題約830本
※2019年7月時点
字幕・吹替 視聴中に切り替えできる
同時視聴 ×
ダウンロード
無料体験 31日間

公式サイトdTV

dTVは月額500円(税抜)で利用できる、定額制+都度課金型の動画配信サービスです。

全体的に可もなく不可もなくといった感じで、吹替えも少なめなので、洋画を見るためだけなら他社のサービスの方が満足度が高いかなと。

定番の作品も多いですが、全体的に古めの作品が多いです。新作は有料)

ですが、洋画に絞らず全体的にみるとジャンルが幅広いので、月額料金を抑えつつ楽しみたい人や、こだわりがあまりない人にはコスパ面でみても使いやすい動画配信サービスです!

 

【dTVのメリット】
  • 料金が安い
【dTVのデメリット】
  • 新作は有料
  • 全体的に古めの作品が多い

dTVの31日間の無料期間があります。
洋画を見るだけなら他社サービスをオススメしますが、月額500円(税抜)と安いのでコスパ重視の方は試してみると良いかと思います!


\dTVで洋画を見る!/
dTV
31日間無料でおためし!

 

まとめ

洋画好きにオススメの動画配信サービスは、

がオススメです!

U-NEXT は作品数だけでなく、ラインナップも良いですし、毎月付与される1200ポイントで新作を見ることもできるので、一番オススメです!


どの動画配信サービスも無料体験が用意されていますので、まずは無料体験からはじめて、自分に合ったサービスを見つけてみてください!


また、口コミなどをみて解約について不安に思うかもしれませんが、大丈夫です。
どのサービスも問題なく解約できますので安心してください!


解約については以下の記事を参考にしてみてください。

 

紹介した動画配信サービスの解約方法

※このページの情報は2019年7月16日時点のものです。
内容に変更があった場合は気づき次第修正するよう努めておりますが、最新情報は公式サイトから確認をお願い致します。

Digiprove sealCopyright protected by Digiprove